由於博主的日語水只有初階,翻譯上可能會有錯漏之處。如有發現,還望指正。謝謝。

縞模様のパジャマの少年
穿條紋衣的男孩



映画、「縞模様のパジャマの少年」を見ました。
看了電影「穿條紋衣的男孩」。


ナチス政権下の映画なのだけど、
残酷なシーンや、大きな効果音がないのが意外だった。
雖然是有關納粹政權的電影,
但意外地沒有殘酷的畫面和巨大的聲音效果。


その分、子供目線から見る当時の情景が
痛いくらい伝わって来て、苦しかった。
從小孩角度去看當時的情景的那部分傳達了許多苦痛,讓人感到異常的苦澀

純粋で無知な子供が、
大人が顔を曇らせる「それ」に何度も触れようとするけど
言葉を濁されるだけで。
純真無知的孩子雖嘗試碰觸每每讓大人沉下臉色的「它」
但得到的只有支吾以對的回應。


「それ」がおかしい、という事は分かっているはずなのに
大人達の陰謀は止まるどころか、さらに拍車がかかっていく。
應該明白「它」是奇怪的東西,卻不單阻止大人們的陰謀,還加快地進行。

その先に待っているのが、この映画の衝撃のラスト。
電影末的震撼在之前就等待著。

暴走列車を止める為に、
結局は、子供が犠牲になっていく。
為弄停失控的列車,結局是孩子犧牲了。

どうして、人は、叫ぶくらいの痛みを伴わないと
その過ちに気づけないのだろう。
為什麼人若沒有經歷深刻的痛苦,
就像不知道自己犯錯似的。


文章標籤
創作者介紹

Tsuki No Sora

Kantsuki(寒月) 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()